sicaworks blog

制作したiOSアプリやswiftについて

80h 残業記録アプリの使い方Q&A

80h 残業時間を記録するタイムカードアプリをお使いいただきましてありがとうございます。このページでは80hの使い方や不明な点などみなさんの疑問にお答えいたします。

 

立ち上げたあとはどう設定すればいいですか?

まずは自動スタンプが使えるように設定をしましょう。必要なのは勤務地の設定と自動スタンプのONです。
 設定画面の「勤務地とゲート」の設定ボタンをタップ、地図画面に移動しますので、勤務している場所を拡大してその上で長押ししてください。地図画面の下にあるスライダーはそのままでかまいません。勤務地が設定できたら右上の×ボタンを押して設定画面に戻り、自動スタンプをON(緑色)にします。自動スタンプを使うためにはこのアプリが位置情報を利用することを許可していただく必要がありますので、もし許可されていない場合は「iPhoneの設定」からこのアプリを選択し、位置情報を「常に許可」にしてください。以上で設定は終わりです。そのままの状態で通勤していただくと記録が自動的に行なわれます。

このアプリの基本的な機能を知りたい

こちらをご覧ください。
sicaworks.hatenablog.com


自動スタンプが動いていないようです。

自動スタンプがうまく作動しない場合には次のことを確認してください。
・携帯の電波がつながっていること。(iPodでは動きません)
・アプリの位置情報の利用が「常に許可」になっていること。
・通勤ゲートが小さすぎる。(広めに設定してください)

それでも作動しない場合には次のことを試してください。
・携帯回線と同時にwifiもONにする。
・電源を入れたり、携帯回線やwifiをON/OFFしたあとに一度アプリを立ち上げる。

自動スタンプが遅れたり位置がずれたりします。

自動スタンプが作動するタイミングはアプリではなくiPhone本体が行なっています。iPhoneに場所を登録しておくとその場所に来た時にアプリがバックグラウンドで立ち上げられ記録が行なわれるようになっています。ですので、アプリからはより正確なタイミングで記録を残すような変更を加えることは残念ながらできません。

好きなタイミングで記録を残したい

手動スタンプをお使いください。
トップ画面の「手動スタンプ」と書かれたボタンを押すと記録が始まります。そのボタンのすぐ左側に三本の線が表示され、そのうちの一本が点滅します。これがはっきりとした白い線になると一回目の記録完了です。5分に一度記録が行なわれ、合計で3回記録を行なったあと自動的に停止します。記録中はバックグラウンドで作動しますのでアプリを立ち上げておく必要はありません。

トップ画面のグラフはどういう意味ですか?

飾りです。
上の方のグラフは通勤ごとの残業時間の棒グラフです。自分ログの残業時間が左から新しい順に並んでいます。横線は平均値(Ave)です。
下のグラフは今月と先月の残業時間を横棒で表したグラフです。今月の値は出勤予定数からのトータルの残業時間予想です。また、縦の線は青(Blue)、緑(Green)、黄色(Yellow)、オレンジ(Orange)、赤(Red)、黒(Black)の範囲を示しており、画面の背景の色と一致します。

背景の色はどういう意味ですか?

アプリを使っていくと画面の背景の色が変化することに気がつくと思います。背景の色はその月の残業時間の多さを表しており、残業が多くなると青から赤へと変化していきます。残業時間と色の関係は次のようになっています。

0-20 青色
20-40 緑色
40-60 黄色
60-80 オレンジ色
80-100 赤色(過労死と判断される基準です)
100- 黒色(ブラックです)

管理ログを完全に削除したいです。

管理ログの画面で記録をタップしながら左にずらすことで削除ボタンが現れ、それを押すと削除することができます。
管理ログを削除することはできますが、削除されたことがわかるようになっています。これは80hがユーザーにとっても会社側にとっても公正な記録であるためです。ユーザーは自分にとって不都合な記録を削除することができますが、完全に削除できてしまうとその位置情報が本当に仕事のためにそこにいた情報なのかどうかが疑わしくなってしまいます。必要のないタイミングで記録が残ってしまうこともあるかと思いますが、隠す必要がない場合はできるだけ削除せず残すようにしてください。

自分ログが一日に何回も勝手に作られます。

自動スタンプをONにしていると、通勤ゲートに入って出るたびに自分ログが作成されます。勤務中に頻繁に通勤ゲートを通過する場合は「記録しない時間帯」を設定してONにしてください。または、通勤ゲートを広めに設定して行動範囲がゲートの中に納まるようにしてください。
作成された自分ログは自由に追加、削除、変更できます。

このアプリで作られた記録は有効なものなのですか?

類似アプリは80hの他にいくつかありますが、どれも機能はほぼ同じものです。中には弁護士が有効と認めたというような謳い文句のアプリがありますが、弁護士が認めるものと会社との協議や裁判等で有効なものとは別です。現在のところどのアプリも実際に裁判の場で証拠として採用されたという話は出ていません。しかしながら、過去に手書きのメモが有効とされた例もありますので80hの機能も十分に有効と考えます。もしこのアプリの記録が会社等の場で有効に活用された例がありましたらご連絡いただけないでしょうか。お待ちしております。

個人情報が漏れたりしませんか?

このアプリはご自身のiPhoneiPadの中だけに記録を残します。外部のサーバに位置情報を送信することはありません。

残業代を計算する機能がほしいです。

もらえなかった残業代を数えてもむなしいだけなのでそういう機能はつけませんでした。80hが発行する位置記録を活かして残業代をしっかりともらうことが当アプリの目的です。みなさんの長時間労働が減り残業代がもらえることを願っています。

80hをダウンロードするにはこちらから

80h 残業時間を記録するタイムカードアプリを App Store で